ウェルシュ・コーギー【ブリーダー・犬のしつけ・飼い方・性格】

サイトマップ

ペンブロークウェルシュコーギー(Pembroke Welsh Corgi)の歴史と性格

日本では、ウェルシュコーギーペンブロークと呼びますが、米国ではペンブロークウェルシュコーギーと呼ぶのが一般的です。

ペンブロークは、英国のウェールズ地方のペンブロークシャーで誕生したと言われています。今から1000年ほど前のことです。現在、ペンブロークの原種となった犬は特定できていません。また、いくつかの説があって、これは確実だと言う説も無いようです。

最も多く言われているのは、12世紀の初めに英国王ヘンリー1世が招いたフラマン人の織物職人たちが連れてきたという説です。最も、これも定説ではありません。

いずれにせよ、12世紀頃に英国に渡ったのは間違い無いようです。このペンブロークは、英国において、牧畜犬として飼われはじめました。

飼い主に忠実であり、力強く機敏であることが彼らを牧畜犬にしていった理由のようです。牛等に蹴られないように徐々に背が低く改良されていったようです。

ペンブロークの特徴の一つである「尾が無い」理由もここにあると言います。牧畜犬として牧場を走る際に、牛などに尾を踏まれて怪我をしないように断尾したのが始まりと言います。

ペンブロークコーギーの特徴

さて、この断尾と断指とがペンブロークの特徴であり、またスタンダードの基準の一つでもあったのですが、最近、ペンブロークの故郷とも言える英国では、これらを動物愛護の精神からはずれるものとして、禁止する方向にあります。

将来的にどういう潮流が生まれるかはわかりませんが、もし英国でこの方針が決定された場合、英国におけるペンブロークのスタンダードは条件を変更することになり、各国でのスタンダードもそれに伴なって変わる可能性もあります。

1920年代に英国でコーギーは純血種として認められ、1934年に英国ケンネルクラブはカーディガンとペンブロークとを別犬種と認定しました。

ご承知のように、コーギーは歴代の英国王室にこよなく愛されてきましたが、1944年、現在のエリザベス女王が18歳の誕生日に父親からコーギーを送られて以来、英国王室犬として広く知られるようになりました。現在エリザベス女王は、「エマ」「スウィフト」「ケルピー」「フェニックス」の4頭のコーギーを飼育されています。

ペンブロークコーギーの伝説

ペンブロークの発祥について、素敵な伝説が残されています。
米国のペンブロークのクラブを代表するPWCCAの公式ウェッブサイトには、写真付きでこの伝説を紹介しているページもあるくらいなのです。その伝説とは…

昔々、コーギーがまだ人間と出会う前のこと、彼らは妖精達と暮らしていました。
ちょうど馬のように、背中に妖精を乗せて野山を走りまわっていたのです。

あるとき、妖精達はケルト人の子供達と仲良くなりました。
そう、妖精の姿は子供達にしか見えないのです。

そして、妖精達は友達になった子供達に、尾の無い二頭のコーギーを
プレゼントしたのです。

それ以来、コーギーは人間と生活するようになりました。
コーギーを贈った妖精達は、それからどうしたのでしょう?

あなたがコーギーを飼っているなら、走っているあなたのコーギーが時々背中を振りかえったりしませんか?

そう、妖精たちは今でも時々やってきては、
こっそりコーギーの背中に乗っているのです。

ウェルシュコーギー
トップ
ペンブローク・コーギー
カーディガン・コーギー
コーギーのしつけと飼い方
ウェルシュコーギーの性格
飼い方・しつけ【基本編】
コーギーを飼う前に
犬を飼う環境とトラブル
飼い方・しつけ【ルール編】
犬の感染症の予防接種
犬のしつけ教材 人気ランキング
犬のしつけ教材 良い悪い

訓練士 藤井聡の犬のしつけ方法

藤井聡の犬のしつけDVD

世界に認められ、日本を代表するプロ訓練士の藤井聡さん。
藤井先生のしつけについてはこのサイトがおすすめです。
藤井聡の犬のしつけ

ワンコの為の実用東洋医学

愛犬と長く暮したいなら

愛犬に長生きしてもらう為の教材です。1日たった10分のマッサージで愛犬が健康に長生き。